国立国際医療研究センター
東京医療センター
名古屋大学医学部附属病院
りんくう総合医療センター
大阪市立大学医学部附属病院
大阪市立総合医療センター 国立国際医療研究センター
東京医療センター
名古屋大学医学部附属病院
りんくう総合医療センター
大阪市立大学医学部附属病院
大阪市立総合医療センター

COVID-19回復者の抗体測定・血漿採取の参加者募集

COVID-19回復者の抗体測定・血漿採取の参加者募集

研究参加の方法と流れ

ステップ1 研究参加に申し込む

桐山先生

COVID-19と診断されたことが証明できる書類を準備し、研究に参加できる条件を確認したうえで、以下のリンクから申し込むか、または電話で申し込んでください。

インターネットからの申し込み

▶︎ 研究参加の申し込み

電話での申し込み

▶︎ 研究実施機関および問い合わせ先

ステップ2 抗体を測定する

問診票や診察の際に、感染の経緯・症状・使用した薬剤など、いろいろな情報をお聞きし、研究参加できるかどうかを総合的に判断します。

参加いただける場合、約50mLの血液をいただき、貧血の検査や抗体検査を行います。また、心電図検査を行います。

全体で1時間半ほどお時間をいただきます。

詳しくは ▶︎ 参加当日の流れをご覧ください。

ステップ3 血漿提供を行う

抗体が十分あることが分かった場合、参加した研究実施機関からお電話などで再来院の日程調整を行います。その後、再度来院していただき、血漿採取を行います。血漿採取の日は全体で2時間~2時間半ほどお時間をいただきます。
採取後は水分補給をしていただきながら、体調変化がないかを確認します。

詳しくは ▶︎ 血漿採取の流れについてをご覧ください。

血漿採取の様子

医師、看護師、臨床工学技士の3人体制で血漿採取をおこなっています。(国立国際医療研究センターでの様子)

検査結果について

抗体検査の結果は郵送等でお送りします。結果についてわからないことがある場合は、参加した各研究実施機関の問い合わせ窓口にご連絡ください。

抗体検査の結果に基づいた診断書作成などは行っておりません。